茂原市道表の歯医者、インプラントなら 森川歯科医院

インプラント

設備紹介

「当たり前の安心」を 滅菌への取り組み

最先端の治療

森川歯科医院 TEL:0475-25-0889
月~水曜 9:00~12:00
13:30~18:00
金曜 9:00~12:00
13:30~17:00
土曜 9:00~12:00
13:30~16:00

【休診日】木曜、日曜、祝日

MAPはこちら
MOBILE
HOME»  インプラント

インプラントとは

永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”かぶせもの”をするのが通常の方法でした。しかし「入れ歯」だと、うまく噛めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を覚えたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。

「インプラント治療」は耐久性、噛む力などにおいて、とても天然の歯に近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。

インプラントとブリッジ・入れ歯との違い

歯を失ったら、インプラント、ブリッジ、入れ歯が治療法としてあげられます。それぞれの特徴を理解しましょう。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性 ×
取り外しの利便性 不要 不要 必要
装着感 ×
噛み心地 ×
周囲の歯への影響 ×
治療期間 長い 短い 短い
メンテナンス
費用 自費 保険診療 保険診療

審美性

インプラント ブリッジ 入れ歯

  • 見た目が自然で、最も審美性に優れる

  • 審美性が高く、あまり目立たない

  • 入れ歯が目立ち、審美性が低い

装着感

インプラント ブリッジ 入れ歯
自分の歯のように違和感がない 入れ歯にくらべて違和感がない食べ物が挟まりやすい 違和感が起こりやすい
ぐらぐらして、外れやすい
食べ物が挟まりやすい

噛み心地

インプラント ブリッジ 入れ歯
固いものも噛める 噛む力は支える歯の強さによって差が出る 噛む力が弱まる
食べ物の温度が伝わりにくい

周囲の歯への影響

インプラント ブリッジ 入れ歯
ブリッジと比べて健康な歯を削る必要がない
入れ歯と比べてバネで残りの歯を痛めるリスクがない
ブリッジを固定するために、両隣の歯を削らなくてはいけない
ブリッジを支える歯に負担がかかり、歯を失うリスクがある
ブリッジと比べて健康な歯を削る必要がない
バネで隣の歯に負担がかかる

メンテナンス

インプラント ブリッジ 入れ歯
定期的な検診が必要になる
メンテナンスをしっかりすれば10年以上使用できる
土台となる歯が虫歯になりやすいので注意が必要 洗浄のお手入れが必要となる

その他

インプラント ブリッジ 入れ歯
よく噛めるので全身の健康にも繋がる
歯ぐきが痩せにくい
歯ぐきが痩せやすい 歯ぐきが痩せやすい

インプラント治療の流れ

歯を失ったら、インプラント、ブリッジ、入れ歯が治療法としてあげられます。それぞれの特徴を理解しましょう

検査・治療計画作成

インプラントを埋め込む骨の強度、位置、大きさ、欠損した歯の本数などを参考に治療計画を立てます。

【一次手術】
インプラントを埋め込む

インプラントを挿入する部分の歯ぐきを切開し、インプラントを挿入します。
麻酔をするので、痛みの心配はいりません。

【治療期間】
インプラントを歯肉に結合させる
3~6ヶ月かけて、顎の骨とインプラントを結合させます。
【二次手術】
人工歯を装着させる
顎の骨とインプラントが結合したら、歯肉を切開し、
人工の歯を装着するための連結部分(アパットメント)を装着します。
人工の歯の作成と装着 1~6週間後に歯ぐきが治癒したのを確認して、人工の歯を製作(素材を選べます)、装着します。
メンテナンス 治療後のメンテナンスが重要です。定期的に通院してください。

この画像のように、当院ではコンピューターを使い、専用のソフトで1人1人の患者さんに必ずシュミレーションを行っております。シュミレーションした通りにうつ事の出来る、ガイデッドサージェリーも行っております。
その場合、オペ代に料金が加算されます。ご了承ください。

PAGE TOP