茂原市道表の歯医者、インプラントなら 森川歯科医院

小児歯科

設備紹介

「当たり前の安心」を 滅菌への取り組み

最先端の治療

森川歯科医院 TEL:0475-25-0889
月~水曜 9:00~12:00
13:30~18:00
金曜 9:00~12:00
13:30~17:00
土曜 9:00~12:00
13:30~16:00

【休診日】木曜、日曜、祝日

MAPはこちら
MOBILE
HOME»  小児歯科

乳歯のむし歯

乳歯がむし歯になっても、永久歯に生え変わるから放っておいても大丈夫と思っていませんか?
それは大きな間違いで、乳歯のむし歯は永久歯の成長にも大きな影響を与えます。

歯並びに関するリスク

一般的に、お子様の歯は、6~12歳の間に「乳歯」から「永久歯」に生え変わります。
この期間は乳歯と永久歯が混在しており、「混合歯列期」と呼ばれ、永久歯がどのように生えそろうのかを決める大事な時期です。

乳歯の下では永久歯の萌出が始まっています。
乳歯列期にむし歯が進行して歯を失うと、永久歯が生える場所を十分に確保することができないため、ガタガタに生えてしまったり、永久歯が埋入したままになる危険性があるのです。

お口の健康に関するリスク

通常、永久歯は乳歯よりも丈夫です。
しかし、生えたばかりの永久歯の表面は粗いため汚れがつきやすく、酸に対しても十分な抵抗力がないため、むし歯になりやすいのです。
また、混合歯列期に乳歯がむし歯にかかっていると、周りの生えたばかりの永久歯がむし歯にかかるリスクは高くなります。

乳歯のむし歯の原因

むし歯の原因菌の一つであるミュータンス菌は、飲食物に含まれる糖分を栄養として粘着質の物質(歯垢)を作り、酸を放出します。
この酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かし、歯を柔らかくするのです。
こうして柔らかくなった部分を、一般的には「むし歯」といいます。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはミュータンス菌はありませんが、最初の乳歯が生える頃、周りの人の口移しや食器の共有等が原因で感染するといわれています。
ミュータンス菌はいったん感染すると生涯口腔内から無くなりませんが、感染する危険性があるのは3歳頃までの間ですので、その頃までに感染しなければ永久歯になってもあまり大きなむし歯にはならないとされています。

お子様をむし歯から守る3つの方法

1.歯磨き

生え変わりの時期は大きさの違う歯が混在している為、歯がデコボコしていて歯磨きが難しい時期ですが、歯ブラシの当て方に注意して、お子様が磨いた後には仕上げ磨きをしてあげましょう。

力加減が強すぎるとお子様は歯磨きをされるのを嫌がりますので、決して強く磨く必要はありませんが、極端に力を入れずやさしく磨いても歯に付いた汚れはなかなか取れません。
磨いた時に、「シュッシュッ」と音がするくらいの力加減を目安にしてください。

2.歯の定期健診

かかりつけの(小児)歯科医院を決めて定期的にお口の管理をしましょう。

定期健診は生え始めから中学校始めまで、フッ素+シーラントを塗布しているお子様は3ヶ月に1回ぐらい検診をしましょう。

3.フッ素塗布+シーラント

【フッ素】
フッ素には歯を強くし、むし歯になりにくい歯質を作る働きがあります。
乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素を塗布することで、歯の表面からフッ素が取り込まれ、元の状態よりもミュータンス菌の出す酸で溶けにくい、大人と同等の強度をもった歯になるのです。
【シーラント】
奥歯は歯磨きがしにくく、食べ物が詰まりやすい場所です。
シーラントは、まだむし歯になっていない、または、むし歯になりかかっている奥歯の噛み合わせの部分にレジン(プラスチック)を埋め込むことで、溝を浅くし、食べかすや汚れを付着させないようにする予防法です。
シーラントとフッ素塗布を併用することで、むし歯予防効果はさらに増加しますが、1度のフッ素塗布では効果があまり発揮されません。
シーラントも強く噛んだりすることで取れてしまうことがあります。
そのため、フッ素やシーラントの予防効果がきちんと機能しているかを確認する定期健診が大切です。

お子様を「歯医者嫌い」にさせないために

「歯医者が嫌い」というお子様も少なくないでしょう。
痛みや不快な音などが原因で治療から遠ざかると、むし歯を放置することになってしまいます。
歯に痛みがあるときは、痛みを取り除くことを最優先しますが、お子様は歯医者に慣れていただく事から始めます。
無理強いをすることなく、お子様の様子を見ながら少しずつ治療に入りますので、安心して一度ご来院ください。

歯周病菌、う蝕菌(むし歯菌)の細菌検査について

細菌検査を行うと、お子様が「むし歯になりやすい」のか、「歯周病になりやすい」のか、お口の状態を確認することができます。
お子様が歯医者を怖がる理由は「痛いから」・・・要するに悪くなってから来ているからなのです。
お子様のお口の中の状態を知り、それに合う対策を行っていくことで、より効果的な予防を行う事ができます。

PAGE TOP